MICROFENCE
最先端の塗装保護システム誕生!
東京ケミカルLABO
取扱店様募集!プレ販売開始

Our Story

コーティング施工2

カーコーティング剤に、何を求めますか?

「いつまでも愛車を美しく保ちたい」

これこそが全てのカーオーナー様の願いであり、カーコーティング剤に求められる役割です。”美しい状態を長く保つ事”がカーコーティングの根本的な存在理由であり目的であるはずが、いつしか「被膜硬度」や「撥水性」、「被膜耐久性」などの性能比較競争が始まり、世の中にはこの根本的なカーコーティング剤に求められる目的を軽視した製品が溢れかえってしまいました。私達は国内製品・海外製品を問わず数十種のカーコーティング剤を、テスト値ではなく実用下において長年にわたり試験しデータ採取を行いましたが、“美しい状態を長く保つ” 事を前提とした性能テストにおいて満足を得られる結果を残す事ができませんでした。

 

「東京ケミカルLABO」が、提携プロショップ協力の下に、トライ&エラーを繰り返しながらようやく辿り着いた答え。“美しい状態を長く保つ” 為の性能を追求した製品、それが樹脂硬化型コーティング剤 「MICRO FENCE(マイクロフェンス)」です。

Our Mission

POINT
01

主成分へのこだわり

コーティング被膜の美観維持の大敵となるのが “イオンデポジット”ですが、その原因は、多くの硬化系コーティングが採用する主成分のガラス質が、無機汚れ(カルシウム、ナトリウム等)が固着しやすいという特徴がある為です。無機と無機は結合しやすい性質をもつのでガラス質の含有量を完全無機質に傾ける程、イオンデポジットの発生は顕著に現れます。「MICRO FENCE(マイクロフェンス)」はこのコーティング剤のベースとなる主成分を見直し独自の樹脂骨格をもつ多重層硬化被膜を形成し従来の硬化系コーティングを凌駕する耐イオンデポジット性を有します。単純に被膜耐久性を追及するのではなく、“健全で美しい塗装状態” を長く保つために私達がコーティング被膜骨格に選定した主成分は、高分子化合物「樹脂」です。

炉イメージ
POINT
02

美観維持に最も大切な性能を獲得

どんなに耐久性が高くても“きれい”でなくては意味がありません。従来の樹脂コーティング被膜といえば、ポリマーやワックスに代表される有機化合物で、車の保護においては耐久性の問題がありましたが、無機汚れ防止(イオンデポジット対策)としては大変魅力的な性能を有していました。樹脂(高分子化合物)を常温硬化させるという大きな壁を乗り越え、被膜化に成功した樹脂硬化型コーティング「MICROFENCE(マイクロフェンス)」は硬化系コーティングに付随する耐候性や防傷性などの塗装保護性能をハイスペックで持ち合わせ、硬化系コーティングに唯一欠乏していた美観維持において重要なファクターである有機系コーティング由来の耐イオンデポジット性を手にしました。また独自のテクノロジーによって被膜化されたことで樹脂系コーティングでは唯一無二の優れた防汚性を発揮します。

無題45315
POINT
03

樹脂被膜だけに許された特権

地球上に酸素と水が存在する限り、あらゆる物質は汚れが付着します。私達の製品「MICRO FENCE(マイクロフェンス)」も例外ではなく放っておけば有機汚れは酸化し塗装自体の劣化を促進し、無機汚れが固着する事で塗装に深刻なダメージが及んでしまう事は宿命です。飾っておくものであれば別ですが多くの車は過酷な条件下にあり美しい状態を長く維持する為にはメンテナンスが必須です。多くの被コーティング車両は通常の洗車では除去が不能な無機汚れの堆積によって撥水基が覆われ防汚性能の低下を招きますが、樹脂被膜は特殊酸性ケミカルを使用した水シミや軽度のデポジットのリセットが可能という大きなメリットがあり、あらゆる無機汚れはこのケミカルメンテナンスで除去する事が可能です。他の硬化系コーティングの追従を許さないメンテナンス性の高さが「MICRO FENCE(マイクロフェンス)」だけに許された特権です。

無題4531

After
word

開発後記

私達は本当に良い製品、求められている製品を世の中に広めたいという想いからコーティング剤の商品化に着手しました。例えば「被膜硬度」はよく “豆腐に金箔” と揶揄されますが言い得て妙です。耐傷性は対象物(豆腐)への依存が大きく、被膜(金箔)を優れた防傷性を謳えるほどの硬さや厚みにしたところで柔軟性の欠如、高温多湿に耐え得る塗装追従性と不変性の低下、ガラス含有量の増加による無機汚れの付着などの別の問題が生まれます。本当に必要な性能、求められている効果を発揮するコーティングの研究・開発を行っております。

次世代型塗装保護システム

洗車などを含む日頃のメンテナンスの是非で塗装状態は大きく違ってきます。これはどんなコーティングを施工した車でも共通の大原則です。「MICRO FENCE(マイクロフェンス)」は硬化系被膜のクリーニングに最適である酸性ケミカルへの耐性を限りなく高めた被膜で、言わばこの特殊酸性ケミカルの使用を前提に開発されたコーティング剤です。強靭なハイブリッド被膜の形成と酸性ケミカルによる無機汚れのリセットという塗装保護システムが、現段階の技術、最新鋭ナノテクノロジーを駆使した “美しい状態を長く保つ” 為の最適な塗装保護手段です。今ではカーコーティングの代名詞の様に扱われるガラスコーティングに打って代わる次世代型カーコーティングシステムです。

施工店募集

より多くのオーナー様へ、価値のあるコーティング施工をご提供する為に、「東京ケミカルLABO」では施工店、取扱店、各種プロショップ様を募集しております。品質保持の為、取扱いには実店舗を要する等の一定の条件を定めさせて頂いております。登録事務手数料のみご負担頂きますが、その他の導入に際しての費用は一切掛かりません。サンプルのご請求や現状のコーティングにご不満がある方、ご興味のあるご担当者様は是非ご相談ください。

Partner施工店募集要項

募集要項

ボディー用カーコーティング剤「MICRO FENCE」の施工、販売、証明書発行

施工店取扱条件

・実店舗があること(出張施工店は不可)

・営業開始後1年以上の実績があること

・施工ブースや照明設備、一般的なコーティング施工に要する設備があること

導入費用

・登録事務手数料 10,800円 ※初回サンプルご請求時の手数料はかかりません。

・導入費用 0円

顧客斡旋

・顧客斡旋

・WEBページ上の施工店一覧へ掲載

・施工証明書の配布

・販促品(ポスター・パンフレット)の初回送付

お気軽にお電話でご連絡ください
042-794-4988 042-794-4988
受付時間:10:00~19:00